頭皮が痒い!頭皮のかゆみの原因と改善方法

頭皮のかゆみ

頭皮のお悩みの中で、常に上位に入るのは、頭皮のかゆみです。
特に、夏場になると、かゆみを訴える人が急増します。

そこで、頭皮のかゆみの原因と、その予防法をご紹介します。

 

まずは、原因から探っていきます。元々、脂体質の人であれば、かゆみが出やすいのかもしれませんが、脂体質でない人でも中にはかゆみが出る場合があります。

そのような人は、一度シャンプーの仕方を見直す必要があります。
シャンプーやリンスで、洗い残しがあると、それが頭皮にくっつきかゆみの元となる場合があるようです。

心当たりがある人は、面倒でも丁寧にお湯で流すようにして下さい。
丁寧に洗い流しても、まだ改善されない場合もあります。

その際には、シャンプー自体が合っていない場合があるのです。

 

特に、女性であればホルモンのバランスの関係で、今まで肌に合っていたものが、突然合わなくなってしまう場合があります。
不思議な事に、肌質が変わると言うのです。

特に、出産後の女性は、肌質や体質が変化しやすいと言われております。
丁寧に洗い流しても、かゆみが収まらない時は、シャンプーを見直して下さい。

それでも、改善が見られない場合は、皮膚科に足を運ぶことをお勧めします。

 

頭皮のかゆみが出るメカニズム

シャンプーやトリートメントを見直してみよう

 

シャンプーをすればするほど、フケやかゆみが出てしまうという人は、シャンプーが合っていない可能性があります。

洗浄力が強いシャンプーは汗や汚れを綺麗に洗い流してくれるので、さっぱりしたイメージを持つと思いますが、洗浄力が強ければ強いほど、頭皮に与えるダメージが強くなるので、頭皮環境が悪化し、炎症やかゆみなどを引き起こしてしまうのです。

 

例えば市販でよく販売されている高級アルコール系シャンプーは泡立ちが良く、洗浄力が強いので、洗い上がりが気持ち良いと思いがちなのですが、使い続けることで本来必要な皮脂までも洗い流してしまい、頭皮のターンオーバーを阻害し、末梢神経を刺激するようになってしまいます。

 

またシャンプーやトリートメントがきちんと洗い流されていないと、高級アルコールシャンプーの内容成分は頭皮にとって刺激が強いので、そこから頭皮のトラブルを発症させてしまいます。

高級アルコール系シャンプーに配合されている主な成分はラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸アンモニウム、ラウリル硫酸TEA等があり、これらの成分が配合されているものを使っているのであれば、早めに頭皮に刺激が少ないアミノ酸系のシャンプーに切り替えた方が良いです。
アミノ酸系やノンシリコンタイプの頭皮に優しいシャンプーを使って、必要な皮脂を残しつつ、頭皮を洗うことが頭皮環境を快適に保つことが大切です。

 

頭皮のかゆみ・頭皮湿疹におすすめシャンプーランキング10選 口コミ体験談レビュー
頭皮の湿疹、かゆみなどが起こる方も多いと思います。 私も頭皮が痒くてどうしようもないことがありましたがシャンプーを変えることで改善されました。 そして、また別のシャンプーにすると痒くなったりする経験もありましたね。 いろいろ思った...

 

脂性のフケが出ている場合

 

シャンプーを毎日しているのにも関わらず、頭皮にかゆみを感じたり、炎症がおこっていたりする場合、脂漏性皮膚炎になっている可能性があります。

 

ビタミンB群やビタミンCなどを含む栄養バランスが良い食事を摂っていると比較的脂漏性皮膚炎の予防になるのですが、脂っこいものや甘いものが大好きという人は、マラセチア菌が増殖してしまうリスクが高まるので、脂漏性皮膚炎を発症し、頭皮がかゆくなってしまうのです。

マラセチア菌は常在菌で、通常は私たちに何も悪いことはしないのですが、ストレスが溜ったり、バランスの悪い食生活をしてしまうと、頭皮環境が悪化し、過剰に皮脂が分泌されてしまいます。

マラセチア菌はその皮脂を食べることによって分解物を排出し、それが頭皮に付着することによって、頭皮が炎症を起こし、痒くなってしまうのです。

 

その他にも毎日使っている寝具が汚れたままだと、頭皮の雑菌が増殖しやすくなって、炎症を起こしやすくなります。
毎日のケアだけでは脂漏性皮膚炎など炎症を抑えることは難しくなりますから、症状がひどい場合には皮膚科に相談して、ステロイド剤等を処方してもらってください。

 

頭皮のかゆみの原因

頭皮がかゆいと安眠できませんよね。
仕事中や勉強中に頭皮のかゆみが気になると、何も集中できないものです。

 

毎日きちんとシャンプーをしているのに何故こんなに頭皮がかゆいのだろうと思う人がいるかもしれませんが、頭皮のかゆみは意外なことが原因であることが多いのです。
それでは頭皮のかゆみの原因をご紹介します。

 

意外なものが頭皮を刺激しているかも

 

きちんと毎日シャンプーをしているのに頭皮がかゆいという人は、ひょっとしたらシャンプーやコンディショナーの洗い残しが原因かもしれません。

シャンプーやコンディショナーには実は刺激が強い成分が配合されていることが多いので、洗い残しがあって地肌に残ることで、頭皮に強い刺激になっていることが多いのです。

ちなみにシャンプーの種類には石鹸系やアミノ酸系、高級アルコール系等があり、そのうち高級アルコール系シャンプーは洗浄力が強く、泡立ちが良いので、市販のシャンプーはこの高級アルコール系であることが多いのです。

 

しかし洗浄力が強いということはそれだけ頭皮にダメージを与える可能性が高いということで、例えば、ラウリル硫酸アンモニウム、ラウリル硫酸TEA、ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Naなどが配合されていたら、高級アルコール系シャンプーであると思って間違いありません。

シャンプーやコンディショナーの洗い残しが毛穴を塞ぐことで、頭皮にダメージになりますし、なおかつ、このような頭皮に刺激が強いシャンプーを毎日使っていると、頭皮環境が悪化するリスクが高まります。

頭皮環境が悪化すれば、薄毛や抜け毛の原因になりますから、早めに頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプーに切り替えることをおすすめします。

 

頭皮を炎症させている原因

 

頭皮が痒くなる原因として、一番イメージしやすいのがカラーリングやパーマではないでしょうか。
カラーリングやパーマをしている間に、頭皮がチクチクしたり、かゆみを感じたりした経験をした人は多いでしょう。

 

施術をしている間だけでなく、施術した後も頭皮へのダメージが残っているものです。
頭皮にとても強いダメージを与えるものですから、施術を繰り返し行うことで、頭皮環境が悪化し、炎症を引き起こしやすくしてしまうのです。

カラーリングやパーマによる炎症を発生させないようにするためには、カラーリングやパーマをかける頻度を下げることが重要です。

 

知らない間に頭皮を乾燥させているかも

 

頭皮が乾燥してしまうことも、頭皮のバリア機能を低下させてしまう原因となります。

頭皮が乾燥してしまう原因として挙げられるのは、シャンプーのしすぎやドライヤーの使いすぎなどが挙げられます。

頭皮がかゆいからといって、1日数回シャンプーをしてしまったり、長時間ドライヤーをかけてしまったりすると、頭皮が乾燥してしまいます。

 

その他にもシャンプーを洗い流す時に40度以上の熱いお湯で洗ってしまうことも、頭皮を乾燥させてしまうので、お湯は38度くらいにしてシャンプーをしっかり洗い流しましょう。

さらに見落としがちなのが紫外線で、頭皮も紫外線を浴びることで、日焼けしてしまいます。
通常私たちは、お肌にUVケアをしますが、一番太陽の光に晒されている頭皮には全くUVケアをしない人が多いです。
頭皮が日焼けしてしまうとすぐに炎症を引き起こしますし、バリア機能が低下して、健康な髪の毛が育たなくなってしまいます。

 

紫外線は頭皮の表面だけでなく、頭皮の奥深くまでに達して細胞を破壊してしまうので、頭皮だけでなく体そのものの老化を早めてしまうので危険です。

最近は頭皮用のUVスプレーが出ていますし、外出時には帽子をかぶるなど日焼け対策をして、頭皮を紫外線から守るようにしてください。

 

皮脂が過剰に分泌している

 

頭皮の炎症というと、皮脂の分泌を思い浮かべがちですが、本来皮脂は頭皮に必要なもので、皮脂があることで汚れや汗が毛穴につまるのを防いでくれますし、また頭皮を保湿してくれるので、頭皮の乾燥を防いでくれます。

しかし脂っこい食事をしていたり、長期間強いストレスを受けていると、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

 

強いストレスを受けると男性ホルモンが優位になるので、過剰な皮脂が分泌されてしまいますし、女性の場合は出産や更年期障害の影響で、健康的な髪の毛の育成に欠かせないエストロゲンが減少してしまい、その分、男性ホルモンが優位になってしまうので、過剰に皮脂が分泌されてしまいます。

 

過剰に皮脂が分泌されると、毛穴に皮脂が詰まって酸化し、過酸化脂質に変化して、頭皮にダメージを与え、頭皮に炎症を起こしたり、臭いを発生させます。

頭皮の皮脂分泌量を正常にするには、ストレスを溜めないようにし、かつビタミンB群など頭皮環境に良い影響を与える食事を意識して、栄養バランスの良い食生活をすることが大切です。

 

頭皮環境を悪化させる菌の増殖

 

頭皮環境の悪化で真菌が影響しているということを、よく耳にすると思います。
頭皮に悪影響を及ぼす真菌というとマラセチア菌が代表的存在なのですが、このマラセチア菌は常在菌なので、通常は人体に悪影響を及ぼしません。

 

しかしストレスフルな生活をしていたり、悪い食生活をしていたりすると、途端にマラセチア菌が増殖してしまいます。

マラセチア菌は皮脂を食べて分解した後、脂肪酸という物質を発生させるのですが、この脂肪酸が頭皮に付着して炎症を起こすのです。

最近の研究ではマラセチア菌の他に頭皮環境の悪化を招く細菌として、プロピオン酸菌とブドウ球菌のバランスが原因の一つであるとわかってきました。

 

プロピオン酸菌とブドウ球菌のバランスが崩れると頭皮の環境が悪化してしまいます。
頭皮の細菌のバランスが整っていることこそ、頭皮の炎症を抑える鍵となるのです。

 

そもそも頭皮に疾患があるのかも

 

最後に頭皮のかゆみの原因として挙げられるのが、頭皮の疾患です。

頭皮の疾患としてよく知られるのが、乾癬で、乾癬は赤い発疹ができ、頭皮のターンオーバーが異常に早くなって大量のフケが発生し、かゆみが生じるのが特徴です。

 

次に頭皮の疾患として有名なのが、白癬菌があります。
白癬菌も頭皮に炎症やかゆみ、フケなどを発生させる病気の一つで、これが足にできると水虫と言われます。

白癬菌は湿った場所が好きなので、頻繁に帽子をかぶる人は、頭皮が蒸れやすいので注意が必要です。

その他にもアトピー性皮膚炎も頭皮にかゆみや炎症を引き起こします。
アトピー性皮膚炎の場合は、もともとバリア機能が低いので、頭皮が紫外線やシャンプーやトリートメントなどで刺激を受けてしまうと、すぐに炎症や強いかゆみを引き起こしてしまいます。

 

これらの頭皮の疾患の場合は、炎症やかゆみ、フケの大量発生という症状がよく見られ、生活習慣を改善しても、自分で完治させるのは難しいです。

頭皮の疾患が疑われる場合は、早めに皮膚科に相談して抗アレルギー剤やステロイド剤、抗菌剤などを処方してもらうことをおすすめします。

 

ただし、これらの薬は使用している間は症状を抑える効果がありますが、止めてしまうと途端に症状がぶり返してしまうという人が少なくありません。

 

前述した頭皮のかゆみの原因が根本的に解決していないと、症状を繰り返すことが多いので、皮膚科に行って薬をもらったらそれで大丈夫とは思わず、シャンプーを見直したり、生活習慣の改善をしたりすることも忘れずに行ってください。

 

頭皮のかゆみの改善方法

正しいシャンプーが秘訣

 

頭皮が痒くて痒くてたまらないという人はシャンプーに問題があるのかもしれません。
自分は高価なシャンプーを使って、毎日洗髪しているから大丈夫と思っていても、実はシャンプーの方法が間違っていたり、使っているシャンプー自体が頭皮に合わなかったりすることが原因で繰り返すかゆみを引き起こしている可能性があります。

 

シャンプーは洗いすぎてしまったり、熱いお湯を使ってすすいでいると、頭皮を乾燥させてしまいます。
また爪を頭皮に立てて、ゴシゴシ洗っていたり、洗い残しがあったりしても頭皮にダメージを与えます。

頭皮の乾燥や与えているダメージによって、頭皮が炎症を起こして、かゆみを引き起こしてしまいますから、まずは乾燥をさせない、頭皮にダメージを与えないことが重要です。

 

シャンプーは1日1回までとし、38度くらいのぬるめのお湯でシャンプーを洗い流すようにしてください。
シャンプーはまず手の平であわ立ててから、優しく頭皮を包むこむように洗うようにして、シャンプーの洗い残しがないようにしましょう。

このようにシャンプーの方法を少し変えるだけで、驚くほど頭皮の乾燥やダメージを防ぐことができます。

それからシャンプーは洗浄力が強い高級アルコール系ではなく、頭皮に優しいアミノ酸系やノンシリコン系のものを使うようにしましょう。

 

アミノ酸系やノンシリコン系のシャンプーは洗浄力が高級アルコール系に劣りますが、優しく洗い上げることができるので、頭皮に本来必要な皮脂を残してくれますし、与えるダメージが少なくなるのでおすすめです。

 

頭皮に優しいシャンプーおすすめランキング10選
当サイトのアンケートで安全性や頭皮にやさしいというところを意識している方が多いということを知りました。 安全性、頭皮に優しいというところを考えると、当然配合されている成分がどういったものなのかというところが一番大事なポイントと考えます。 ...

 

生活習慣を整えよう!

 

頭皮環境は毎日の生活に左右されています。
甘いものや脂っこいものが好きな人は、頭皮が脂性になっていることが多く、脂性のフケが大量発生してしまうことがあります。
このような状態は頭皮にとって最悪で、炎症やかゆみなどのトラブルを引き起こしがちです。

またストレスの多い生活を送っている人も、ストレスによって男性ホルモンが優位になって、皮脂が過剰に分泌されて、頭皮環境が悪化してしまいます。

 

頭皮環境の悪化は抜け毛や薄毛の原因になりますから、甘いものや脂っこいものは出来るだけ避けて、ビタミンや亜鉛など、頭皮環境に良い影響を与えるものをバランスよく食べるようにすることが大切です。

 

現代の私たちの生活からストレスは切っても切れないものですが、出来るだけストレスを発散するように心がけて、男性ホルモンを優位にさせない、ホルモンバランスが崩れないような毎日を過ごすように心がけましょう。

 

頭皮専用の美容液を使ってみよう!

 

シャンプーを変えたり、生活習慣を整えたりしても、あまり改善が見られない場合は、頭皮や髪専用の美容液を使ってみるのもおすすめです。

頭皮トラブルを改善するために、皮膚科を受診しても、ステロイド剤や抗アレルギー剤を処方してくれただけで、一向に症状が改善しなかったという人も、頭皮専用の美容液を使ったことで、劇的に頭皮環境が改善し、かゆみが治り、健康的な髪の毛が生えてくるようになったというケースは多々あります。

 

頭皮環境が悪化してしまう原因は前述したように、外的要因や内的要因によって、頭皮が乾燥したり、脂性になったりしてしまうことに原因があるのですが、それを美容液を使うことによって解消し、頭皮が持っているバリア機能を復活させることによって、頭皮の炎症を防ぎ、健康的な髪の毛が育つ土壌を作るのです。

 

女性は日々のお手入れで、顔に化粧水や美容液を塗ってお肌を保護するケアをしますが、頭皮も同じで、シャンプーをして汗や汚れを洗い流した後に、頭皮のためにヒアルロン酸やコラーゲンが配合されている美容液を塗ることで、頭皮に潤いを与えるケアをしていけば、頭皮が本来持っている底力を復活させてあげる手助けになります。

炎症やかゆみを防ぐために、頭皮専用の美容液は刺激が少ないものを選ぶべきで、シリコンや鉱物油、エタノール、パラベンなどの添加物が配合されていないものを選んでください。

 

また頭皮環境だけでなく、髪の毛のためにもハチミツエキスやツバキエキスなど、トリートメント効果が高い成分が配合されているものを選べば、潤いのある髪の毛を育てることができるのでおすすめです。

 

また頭皮の炎症やかゆみを抑える成分や、雑菌の繁殖を抑える成分も配合されているものを選べば、使い続けていくうちに頭皮が劇的に変化していくのを感じることができるでしょう。

頭皮は体の他の部分と比べて皮脂腺が多くあるので、皮脂の分泌量が多いのに、髪の毛で覆われているので、大変蒸れやすいという難点があります。

 

頭皮のかゆみが出るとなかなか完治まで時間がかかるものですが、最近はとても優秀な頭皮専用の美容液が販売されているので、それらを使って頭皮環境を戻していけば、とても効率的ですし、結果的に抜け毛や薄毛になるリスクを下げてくれます。

 

頭皮の乾燥・かゆみにおすすめの保湿化粧水・ローション比較
シャンプーの中には頭皮のかゆみを抑える成分が配合されたものも多くあります。 頭皮のかゆみが気になる方向けに作られているシャンプーもあります。 そういったシャンプーを使ってもなかなかかゆみがなくならないという方もいると思います。 ...

 

頭皮のかゆみにおすすめのシャンプーは?

乾燥している人は洗浄力がマイルドなもの

 

シャンプーをしてもなぜだか頭皮がかゆいという人は頭皮が乾燥していることが原因であることが多いです。

毎日使っているシャンプーが刺激が強いものだと知らず使い続けていると、いつの間にか頭皮が乾燥してしまい、頭皮が痒くなってしまうのです。

 

シャンプーは主に高級アルコール系、石鹸系、アミノ酸系の三種類に分けられ、市販で多く販売されているのが高級アルコール系です。

高級アルコール系は洗浄力が強いですし、泡立ちも良いので、大変使いやすいのですが、その反面頭皮に与えるダメージが強いので、かゆみがひどい人はすぐに使用を中止した方が良いです。

石鹸系は安全性が高く洗浄力が強いのですが、こちらも頭皮に刺激が強いのでおすすめできません。

 

乾燥肌の人におすすめするのが、洗浄力がマイルドなアミノ酸系のシャンプーで、ノンシリコン系のものだと、さらにお肌に与えるダメージが少なくてすみます。

アミノ酸系、ノンシリコン系のシャンプーは洗浄力がマイルドなので、本来必要な皮脂は頭皮に残すことができ、頭皮のバリア機能が保たれ、頭皮のターンオーバーが正常になります。

さらに成分がオーガニックや植物由来のものであれば、頭皮に与える刺激が少なくて済むのでおすすめです。

 

頭皮に優しいシャンプーおすすめランキング10選
当サイトのアンケートで安全性や頭皮にやさしいというところを意識している方が多いということを知りました。 安全性、頭皮に優しいというところを考えると、当然配合されている成分がどういったものなのかというところが一番大事なポイントと考えます。 ...

 

脂性の人は洗浄力が強いもの

 

頭皮が痒くなる原因として、過剰な皮脂の分泌があります。
この場合は洗浄力の強いシャンプーを使って余分な皮脂は綺麗に洗い流すことが大切です。

洗浄力が強いといっても頭皮に刺激が強いものは頭皮環境を悪化させてしまうので逆効果です。
洗浄力が高くても、頭皮を健やかに保つ保湿力が優れたものを選ぶようにしましょう。

 

さらにかゆみを抑えることが出来るグリチルリチン酸ジカリウムが配合されているものや、抗真菌成分で皮膚を清浄してくれる効果が高いミコナゾール硝酸塩が配合されているものであれば、頭皮のかゆみを抑える効果があるのでおすすめです。

 

保湿成分としてアロエエキス、イチョウエキス等、頭皮に負担が少ない植物由来の成分が配合されているとしっかり洗えて潤いがキープ出来るので、使い続けるうちに頭皮環境が整い次第にかゆみが引いて行きます。

ただし、脂漏性皮膚炎など、頭皮に疾患があってかゆみを引き起こしている場合は、シャンプーだけでは改善されません。

その場合は皮膚科に相談して、ステロイド剤や抗真菌剤などを処方してもらって、自分に合ったシャンプーを紹介してもらってください。

 

シャンプーおすすめ比較ランキング「ヘアシャン」
シャンプーの選び方シャンプーといってもいろいろあるので選び方を紹介したいと思います。シャンプーの特徴を知ることまず乾燥肌、敏感肌、頭皮環境など人によって合う合わないもあります。また人によって目的も違うでし...
haru kurokamiスカルプ・プロシャンプー

私が使ってみて特に変化を感じたシャンプーです。

100%天然由来で頭皮に優しくてすごく使用感が良かったです。
髪の毛のキューティクルよりも頭皮環境を整えたいという方におすすめしたいです。

リンスも不要なのでこの品質を考えるとコスパは良いと思います。

すこやか地肌シャンプー

次に紹介したいのがすこやか地肌シャンプーです。

私が頭皮のかゆみが出やすいのですが、そんなときこのシャンプーを使ったのですが、かゆみがおさまったので頭皮のかゆみで悩まされている方はチェックしてみてください。

頭皮にも優しくできていて使用感もいい感じです。

Herb Garden(ハーブガーデン)シャンプー

Herb Garden(ハーブガーデン)は天然由来成分100%で出来ていて本当に質のいいオーガニックシャンプーなのですが、天然由来成分100%で髪の毛のサラサラ感は普通ですが、これとセットのコンディショナーもおすすめで髪の毛もサラサラになります。
洗い流さなくても使えるくらいで頭皮にも優しいです。

頭皮環境と髪の毛の香り、サラサラ感が欲しいという方はセットで利用するととてもおすすめです。

頭皮のかゆみ
管理人をフォローする

ニックネーム:よう

はじめましてシャンプーマニアで管理人のようと申します。

若いころからずっと頭皮や髪の悩みをいろいろ持っていてシャンプーも数多く使ってきました。

そういった体験に加えて専門の詳しい方にも情報をもらったり、実際他の方の体験をもとにシャンプーや頭皮、髪の毛について紹介していきたいと思います。

詳しくはこちら

シャンプーおすすめ比較ランキング「ヘアシャン」

コメント

タイトルとURLをコピーしました